« 今日の一言 10月31日 | トップページ | 今日の一言 11月3日 »

今日の一言 11月1日

〔現代人間社会の構造〕
「毎日、新聞やテレビを見る度に、いじめや、自殺という言葉や文字が、飛び交う。私は、それらを見る度に、「嗚呼また、尊い命が、消えた…」どうして、こんなことになったのだろうか?自殺をした子供さん達は、自らの命と引き換えに、いじめからの開放を図ったのか。さぞかし、辛い選択であったであろう。誰にも言えなかったのか?言ったら、余計いじめられるという、行き詰りに、もがき苦しんでいたのであろう。いじめの問題は、大変根が深いと思う。わが子も、或る日突然、いじめられているから、明日から学校へ行きたくないと言われた時、私は、天地がひっくり返る程動揺した。でも、よくぞ言ってくれたと、私は気持ちを切り替え、早速、担任の先生に相談して、何とかいじめから、開放されて、学校に行くことが出来る様になった。私の場合は、たまたま運が良かったのかも知れない。だが今は、まさに教育の在り方自体が問われているのではないだろうか?一人の先生や校長の言動の云々の次元の域を超えて、考えなければならない。受験だけを目的にするから、高校の履修科目を切り捨てるのだ。成績だけで、子供を評価するから、子供はストレスの捌け口をいじめという、手段で発散させようとするのだ。大人に夢や希望や、礼儀や人を思い遣る心のない人が多いから、子供を虐待したり、犯罪を犯すのだ。全ては、家庭と学校と地域の繋がりを切断された、人間同士の横の繋がりが希薄になった、現代社会の構造に在るのではないかと、私は思う。人は人と人との繋がりや触れ合いに依って、初めて人間らしい人間となり、相手の気持ちに寄り添う人と出会えた時、孤立から解き放たれ、自分を客観視出来るのだと思う。人間は独りでは生きていけない動物なのだから…」byみかん(*^_^*)

私が現代の世相に物議を醸し出すのは、大変おこがましいことですが、言わずにはおれない気持ちを言葉に致しました。今の私に出来ることは、少しでも人々に夢や希望を持って戴ける様に、紙芝居を観て戴き、自分は決して、独りではないんだということを感じて戴けたらと、想います。ありがとうございます!

|

« 今日の一言 10月31日 | トップページ | 今日の一言 11月3日 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今日の一言 11月1日:

« 今日の一言 10月31日 | トップページ | 今日の一言 11月3日 »