« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »

2006年6月

今日の一言 6月30日

〔念ずれば花開く〕
「動けば、変り、自ずと結果が出る。夢を語る。出来ることから始める。人様に協力をお願いする。御縁を大切に育む。これを繰り返すことによって、だんだんと形が出来て来る様だ。いつも自分に言い聞かせている言葉、焦らず、慌てず、諦めず、腐らず、怠らず。どうやら、ずっと温めていた想いが、一挙に吹き出る時期が来た様だ。念ずれば花開く。今、正に小さな芽が、つぼみとなり、開こうとしているのだ。これからもずっと大切に育んでいきたい。このつぼみを大輪の花として咲かすも、腐らしてしまうも、これからの自分の努力次第だ。顔晴るぞ!」byみかん(*'へ'*)

カタツムリの様にゆっくりと、亀の様に弛まず、しかし、鷹の様に狙いをしっかりと定め、確実に一歩一歩踏みしめながら、自分の夢へと邁進して、子供さんが安心して集える居場所を創造していきたいと想います。どうか宜しくお願い致します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日の一言 6月29日

〔風と光と二十の私と〕
坂口安吾の文章より「本当に可愛いい子供は悪い子供の中にいる。」という言葉が在る。私は昨夜、通称、夜回り先生といわれている、水谷修先生の講演を聴かせて戴いて、いつの時代も子供さんは、愛情を求めて苦しんでいるのだと思った。子供から大人へと成長する十代の少年や少女達の、自己の愛情を求める表現方法に惑い、自立と依存の狭間で苦しんでいる子供達のなんと多いことか!私達大人は、その苦しんでいる子供達をどうして、ほおっておかれようか?自分一人の力の無力さを感じ、改めて共働することの大切さを実感したのであった。」byみかん(*^_^*)

私自身も時には落ち込むことが多々ありますが、絶対的普遍価値を持つ、坂口安吾の様にはいきませんが、最後には、悩んでいる自分がバカバカしくなり、「考えてても仕方ないわ。ふん!」という思考パターンで展開していき、なんとか泥沼から這い出る様な次第です。どうせ一回きりの人生だから、笑って暮らす方がいいですよね♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日の一言 6月27日

〔容易なこと〕
「人生は時計の振り子の様に行きつ戻りつするという。また、山有り谷有りともいうが、幸せに暮らしたかったら、まず、自分はついていると思うといいと、斎藤茂太さんが、在る本で言っておられる。とにかく楽天的にいかないと、運気が逃げて行くそうだ。何でも磊落にいい様に物事を考える習慣を持つと良いそうだ。発想の転換、気持ちの切替え、アバウト…いい加減が良い加減位に考えて、今の世の中は、丁度いいのかもしれないのだと、私は思う。」byみかん(*^_^*)

笑顔セラピーの、野坂礼子先生はジャマイカ婦人になると生き易くなると言っておられたのが、頭に残っています。「じゃ、ま、いいか」この開き直りの気持ちが大切なのかもしれませんね♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

~みかんの全興寺紙芝居奮闘記~

6月25日雨、先月はお休みしたので、ブランクが有って、少々不安であったが、紙芝居を濡らしてはならじと車でお祭りの神輿の後をヤキモキしながら走らせ、なんとか時間に間に合い、全興寺さんに到着した。
やった!今日は雨やから、おも路地の屋根の下で、出来るから、ぎょうさん観に来てくれはるやろと、安心したのがとんだ計算違いだった。
いつもの水かけ不動様の運気が伝わらなかったのか、ブランクが災いしたのか、私の紙芝居の演じ方は、しどろもどろで、全く満足のいく紙芝居とは程遠く、早く紙芝居を終わらせたいという、最悪のパターンで展開された。
「ああ、練習不足で、紙芝居をなめてしまった…」と深く反省し、来月こそは、お不動様の前で、伸び伸びと気持ち良くやらせてもらうぞ!と堅く心に誓ったみかんであった。
ちなみに、みんな型抜きに夢中になっていて、紙芝居への注目が反らされてしまった。型抜きは、やり出すと、確かに夢中になるから、やっぱり別の場所がいいかも。でも良い経験が出来たと、改めて実感したのであった。」ヾ(*'-'*)

来月の全興寺さんの紙芝居は7月23日(日)午後2時と3時からです。よろしければ、足をお運び下さいませ。お待ちしております♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日の一言 6月26日

〔汚いは奇麗、奇麗は汚い〕
「建て前の奇麗なことばかりを理路整然と、雄弁してる人、貴方が本気でやってみたらいい。私にはとうてい出来ないと言いながらも、真剣に話を一生懸命聴いてくれる人、貴方は凄い。頭を打つと、だんだんと見えないものが見えて来るそうだ。私には何も解らないことだらけで、何も見えないし、何も知らないけれど、これからずっとそのことだけは、心に留めて生きていきたいと想う昨今である。」byみかん(*^_^*)

人間はみんな2面性を持っています。どちらが正しいかなんて言える自分ではありませんが、世の中には奇数も在るのだと考えることが出来る人が、本当に少なくなったと思います。必ずしも割り切れないことが、なんと多い世の中なのでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日の一言 6月25日

心を一つ〕
「誰かの為とか何かの想いが有るからとか、いろいろな志は有るけれど、とにかく、何か一つのことをやり遂げるには、みんなの心を一つにすることの素晴らしさを実感出来ることが一番幸せなことだと思う。全員の心を一つにした時にこそ、とてつもないパワーが生まれる。その確かな実感を得られた時こそ、何ものにも換え難い喜びを一人ひとりが個々に味わえ、みんなでその喜びを共有出来ることが、一番の幸福なのだと私は思う。」byみかん(*^_^*)♪~

昨日は天気予報も見事に外れ、絶好の気候に恵まれて、「平野西子供天国」のイベントを無事に催すことが出来ました。地域のたくさんの方々や、また遠方からも、さまざまな方が起こしくださり、無事に事故もなく最後迄行うことが出来ました。スタッフの皆様、起こし戴いた方々、本当にありがとうございます。私も、お蔭様で、子供さんや観客の方々の前で楽しく、伸び伸びと紙芝居を演じさせて戴き、本当に嬉しいです♪ありがとうございます!(^-^)/~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日の一言 6月23日

〔因果応報〕
「物事には全て、原因が在って、結果がある。これと対比して、私が一番嫌いな言葉は「自業自得」という言葉で、概ね人を批判し、追い詰める時に用いる言葉で、私はあまり好きではない。因果応報とは、なるべくして必然的になったことを言い、事物を客観的に捉ええて、初めて述べる言葉であると思えるからである。世の中の諸々の現象は、概ね因果応報の法則で成り立ち、自分の運命を宿命と捉えるか、使命として悟ることが出来るかで、奇跡というものが起きる度合いが変って来るのではないかと、私は思うのである。」byみかん(*^_^*)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日の一言 6月22日

〔幻想の灯〕
「エジソンは人類を暗闇から抜け出すべく、電灯という素晴らしいものを発明した。しかし、その灯の有り難さや、その大切さを再確認したり、ろうそくの灯の神秘な灯を実感するべく、改めてろうそくの灯の神秘な灯が、私を幽玄の世界に誘(いざな)う。たまには、ろうそくの灯の神秘的な灯を見つめて、普段味わえない、幻想の世界に浸り、また改めて電気という、限られたエネルギーの有り難さを実感するのもいいなあとおもい、いい経験をさせて戴いたと思う一夜であった。」byみかん(*^_^*)

♪昨日は、24日の土曜日に「平野西子供天国」が行われる、はにーカフェさんのキャンドルナイトに参加させて戴きました。ろうそくの神秘的な灯の中で、紙芝居を演じさせて戴き、とてもいい経験をさせて戴けました。ろうそくの灯は、私に何か言いようのないパワーをもらい、気持ちよく演じさせて戴きました。本当にいい経験をさせて戴き、嬉しかったです。お世話になった、スタッフの方々、そして主催して下さった、安寿さんに心から感謝致します。ありがとうございます!d(-_-)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日の一言 6月21日

〔満天の星〕
「夜更けに自転車のペダルをこいで走っていて、ふと空を見上げると、空には星達が、きらめいている。嗚呼あの光は今から何億年も昔の光だと思うと、自分の今、日常で翻弄されている些細な悩みなんか、吹っ飛んでしさまいそうだ。あの普遍に輝き続ける星達の様にはいかないが、せめて、その万分の一でも、自分自身の人生の灯を家族や友人達や仲間と伴に、光り続けることが出来たら、素敵だなあと、満天の星に願いをかけたの私なのであった。」byみかん(*^_^*)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日の一言 6月19日

〔ノスタルジア〕
「火鉢、金のたらい、古びた洋服箪笥、姫鏡台…ここには日常の生活にはないけれど、自分が幼かった頃に家に在った道具が在る。なんだか、小さかった昔に、タイムスリップしたようだ。それらの中に居ると、郷愁を覚えると同時に昔の人々の息吹が感じられて来て、とてもいい気持ちだ。昔の人と会話をしているような気持ちになれたのが、やけに斬新な気持ちなって、旅館の下を流れる谷川のせせらぎに心が洗われる様な不思議な感動を覚えた。これがノスタルジアというものかもしれない。」byみかん(*^_^*)

うーん!旅は人と人との触れ合いの場だけれど、自分自信を見つめ直す、併せ鏡の様な気持ちになれて、とてもいい経験が出来ました。
宿から車で20分程離れた、夕鶴会館という、50人位が入れる小さな劇場の舞台の上で、地元の小学生の子供さん達に、私達、紙芝居文化の会有志が、数人で即席で紙芝居を演じさせて戴きました。とても喜んでもらえて、こちらの方が、素敵な心のお土産を戴き、本当に嬉しかったです♪
「みかんの修善寺旅行の思い出」でした!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日の一言 6月18日

〔待合室〕
「このゆっくりとした時間がいい♪電車が来る迄の、場内アナウンスの声を少し気にしながら、プラットホームに在る、ゆったりとした椅子に座る。つかの間の私の憩いの時間…新幹線という、早い電車に乗るのだけれど、こんな時間が止まった時を過ごすこともあるんだ…。さあ旅がこれから始まりるぞ!」byみかん(*^_^*)

昨日は、大雨にも関わらず、遠い所を紙芝居教室に起こし下さいました方々、本当にありがとうございます。拙い紙芝居と、まとまりのない講義内容ではございましたが、少しでも、日本で生まれた、素晴らしい独自の文化である紙芝居の世界の扉を開けて、覗いて戴けたら、幸いてございます。これに懲りずに、是非来月も起こし下さいませ。ありがとうございます!
伊豆の修善寺は、大変静かでいい所です。自分に御褒美だと思って、ゆったりとくつろごうって思ってたら、明日地元の小学校で、紙芝居をすることになりました!今みんなで、練習しています。(*_*)まさか、伊豆の修善寺で、紙芝居をするとは思いもよりませんでした。明日は顔晴りま~す!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日の一言 6月17日

「本番前〕
「いよいよ今日だ!心臓が口から飛び出しそうな位、緊張している。平常心を保とう!上手くやろうとするから、緊張するのだ。いつも通りの気持ちで、精一杯顔晴れば、きっと自分らしく、紙芝居について話すことが出来ると想う。大切なのは、紙芝居に対する、自分の姿勢と、紙芝居の素晴らしさを解って戴けたら、それでよしとしよう。ハートが伝わればいいのだと、自分に言い聞かせている。いよいよ今日から、紙芝居教室のはじまりはじまり…」byみかん(*^_^*)

いよいよ今日から、平野の安寿さんの「はにーカフェ」の一室をお借りして、紙芝居教室が始まりす。申し込みをして戴いた方々、誠にありがとうございます。皆様と実の在る時間を過ごせたら、こんな嬉しいことは、ございません。どうか気をつけて起こし下さいませ☆
また、この教室は、一応連続講座になっておりますが、いつ参加して戴いても、支障のない様に努めて参りたいと想っておりますので、どうぞ気軽にYUI企画さん迄、お問い合わせ下さいませ。みかんと一緒に楽しく紙芝居の素晴らさを、見つけていきましよう♪
ありがとうございます!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日の一言 6月16日

〔自然の贈り物〕
「どんなに激しい雨が降っていても、いつかはきっと止む。雨が降って、有り難い。作物が育ち、草木や花が喜ぶ。晴れて、有り難い。洗濯物がよく乾くし、買い物も自転車で、楽々と行ける。雨もよし、爽やかな晴天も、またよし。自然が一番いい。神様の素晴らしい贈り物。」byみかん(*^_^*)

豪雨で、災いに遭われた方々には、心から、お見舞い申しあげます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日の一言 6月15日

〔家族の絆〕
「私には大切な家族が在る。昨日父が倒れたが、外出していた私に代わって、父を病院に連れて行ってくれた夫…お店の為に、アルバイトの薬局の勤めから、疲れた身体を休める暇もなく、お店に駆けつけてくれる長女…仕事が忙しい忙しいと言って、疲れていても私にいつも優しく接してくれる次女…そして、どんなに疲れている時でも、私の紙芝居の練習に付き合ってくれる母…そして、頭はあまりかしこいとは言えないが、番犬の使命感に燃えて、この家を身体中で、守ろうとして来客に吠える愛犬…みんな私のかけがえのない家族だ!この家族の絆のお陰で、私は自分の夢に向かって、邁進出来るのだと、感謝している。これからもずっと家族の幸せと自分の夢の実現の調和を図りながら、無い頭を苦心して努めていきたいと想うのだ。」byみかん(*^_^*)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日の一言 6月14日

〔自信貯金〕
「自分が出来たことに、チャリンと心の貯金箱に貯金をする。これが貯まると、夢の実現が出来、なりたい自分になれるのだそうだ。心の貯金箱を持ってみよう!出来たことの自分をたたえてあげよう!失敗したり、気持ちがマイナスになっても、貯金が有れば、落ち込んでも大丈夫。また貯金をすればいいのだから…」byみかん(*^_^*)

紙芝居教室の申し込みをして戴いた方々、誠にありがとうございます。この場を借りて御礼申しあげます。実の有る時間を皆様と過ごせたら、嬉しいです。ありがとうございます!

| | コメント (0) | トラックバック (1)

今日の一言 6月13日

〔黎明〕
「何かが動こうとしている。何かが変わろうとしている。自分の心の中と外で、今、その実感を確かに感じられる。日本の夜明けの新な始まりに、私も少しは、関わっているからなのかもしれない。未来を担う子供さん達の為に…」byみかん(*^_^*)

自分が変わらなくて、どうして世の中を変えることができましょうか?今の現代社会に危惧している私の戯言でした

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日の一言 6月12日

〔寂寥感〕
「今日は心の中にぽっかりと穴が空いた様な気持ちになった。やらなければならないことや、やりたいことが山程在るのに、何も手につかず、まるで電池の切れ機戒仕掛けの人形の様に動かない。いつもなら、一人で居ても寂しくないのに、この寂しさは一体何処からやって来るのだろう?恐らく今迄突っ走って来た故、ポコンと空いた時間が出来、自分自身を顧みる時間が出来て、何から手をつけていいのか、解らなくなってしまったのかもしれない。マラソンで全力疾走していて、急に立ち止まると苦しくなるから、もう少しゆっくりと走れということかもしれない。あせらず、あわてず、あきらめない。この三つの自分の心棒をしっかりと立て直し、明日からまた、顔晴るぞ~!」byみかん(*^_^*)

明日からまた、忙しい日が続きそうなので、きっと神様が、お休みを下さったのでしょう。お蔭で紙芝居の本を一冊読破出来ました。こんな紙芝居のことしか、頭にない私ではごさいますが、このブログを一人でも見て下さっている方がいらっしやったら、本当に有り難いです。つまらない一人言ばかりで、取るに足らないことばかり、並べておりますが、引き続き、ご覧下されば、こんな嬉しいことはございません。本当にありがとうございます!

今月のみかんの予定は、12日、川辺小学校の6年生対象のお話会で、エジソンの紙芝居を演じます。
24日の「平野西こども天国」のイベントでは、まだ演目は決まってはおりませんが、皆様に紙芝居を堪能して戴こうと想っておりますので、是非起こし下さいませ。
また、17日の午後2時~4時迄は、平野西に在る、同じく安寿さんのハニーカフェにて、いよいよ紙芝居教室開講です。この教室は、私が指導するのではなく、少しでも紙芝居に興味がある方々が、共に切磋琢磨しながら、紙芝居の世界にどっぷりと浸って戴ける様な学びの場にしたいと想っておりますので、是非起こし下さいませ。
また25日の、第4日曜日は、平野の全興寺さんで、2時と3時に紙芝居を演じさせて戴きますので、こちらも、宜しければ、ご覧に来て下されば、幸いです。どうか宜しくお願い申しあげます。(*'へ'*)
ありがとうございます!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日の一言 6月10日

〔使命感〕
「今日は、夫と知り合いの子供さんと一緒に出かけた。私はその幼い子供さんと一緒に過ごしていくうちに、いつも子供さんの為に、お役に立ちたいと偉そうなことを言うくせに、いざ一緒に出かけて、帰って来たら疲れ果ててしまった自分が、とても情けなかった。言うは易し、行うは難しの典型とは、このことを言うのかもしれない。しかしながら、今日一日、伴に共有した子供さんとの時間は私に取って、筆舌に表せない位の喜びとなった。この子達の為に私の出来ることを出来る方法でしてあげたい。明るい未来が保証出来る世の中にせねばと、少々大袈裟ではあるが、自分がこの世に生を受けて来た、使命感に改めて火が付き、私は明日からまた、紙芝居を広めていくことで、生きる喜びを伝えていきたいと想うのである。今日は本当に!ありがとう!拓ちやん、大ちゃん!」byみかん(*^_^*)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日の一言 6月9日

〔楽しむということ〕
「好きなことに打ち込むと、自分の心の糧になる。楽しむこととはそうして、ほんの小さな喜びを味わい、積み重ねていくことを言うのかもしれない。その楽しむ仲間がたくさんいれば、もっと喜びも倍増すると、私は思う。」byみかん(*^_^*)

紙芝居に打ち込んでいる時の自分が、一番自分のことが好きになれる私です。こんな私ではごさいますが、一緒に楽しく紙芝居の世界にひたりませんか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日の一言 6月8日

〔同じ学び舎で〕
「昨日、お願いしたいことがあって、初めて懐かしい、高校の食堂の上にある同窓会の事務所に御邪魔した。私の青春時代の思い出がほとんど詰まっている学校に伺って、笑顔でお茶を出して下さった大先輩。同じ学び舎で勉強したというだけなのに、何故こんなに親しみが湧いて来るのだろうか?おそらく、ただ懐かしというだけでなく、伴に共有出来るいろいろな諸々の母校に対する熱い想いが、お互いを理解することが出来るのであろう。故郷に帰って来た様な爽やかな気持ちで、校門を後にした。」byみかん(*^_^*)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

みかんよりのお知らせ!

[紙芝居教室開講間近!]
昔紙芝居を観た方もそうでない方も、今一番古くて新しいメディアである紙芝居を、一緒に楽しくはじめてみませんか?
読み聴かせをやっているけど、紙芝居をどの様にやったらいいか、解らないと悩んでいる方や、もうすぐ、停年だけど自分の生きがいをみつけたいと考えておられる方等、紙芝居に少しでも興味を抱いている方は、見学だけでも大丈夫ですから、一度どんなんか、見に来て下さい。待ってますね!

詳しいお問い合わせは、YUI企画(℡ 090-5340-9882 FAX 06-6969-5352
e-mail yuikikaku@hotmail.com)迄

開講は6月17日(土)午後2時~4時です。
皆さんの起こしを楽しみに待ってますね!(*^_^*)♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日の一言 6月7日

〔創めるということ〕
「何もない所から、新しいことを創めるには、産みの苦しさや、一方ならない努力が要る。しかし、それをやり遂げようとする気持ちを持ち続けて行動すると、とてつもない、自分自身の財産や宝となる。このやり遂げようとする気持ちを持ち続けることが、一番大切なのではないかと私は想うのだ。」byみかん(*^_^*)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日の一言 6月6日

〔浮草の根〕
「テレビをつけて観ていると、ふと浮草にも根が在ることを知った。ただ水の流れに身を任せている浮草にでさえ、しっかりと根を生やしている、そのしたたかさと言うか、自然の摂理に、自分自身の身に置き換えて考えると、我が身の根っこの何と危ういことか。足元をすくわれぬ様に、自身の根をしっかりと育んで行こうと、浮草に教えられた私である。」byみかん(*^_^*)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日の一言 6月5日

〔一石を投じる〕
「一見静かで穏やかに見える水面がある。しかし、その奥底には、言い様のない、泥が溜まっているようだ。私はその奥底の汚れをかき消す程の力は持ち合わせていないが、この水が汚れきっていることを皆に知らせるべく、一石を投じることはだけは、出来る。みんながその水の汚れに気付くお役に立ち、そして一人ではなく、出来るだけたくさんの人々と一緒に、その水を澄んだ水にしていきたいと切に想うのである。」byみかん(*^_^*)

公園で子供さんの笑い声が聞こえなくなったり、将来に対して夢や希望を持てない、今の世の中に、私は紙芝居を演じさせて戴くことや、紙芝居を一つの立派な文化として広めていくことで、現代社会の暗闇を明るく照らす、一隅の灯となり、一かけらの小石となりたいと想います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日の一言 6月4日

〔優先順位〕
「或る志の開拓を図る時には、やるべきことに優先順位をつけると、いいそうだ。自分のやらなければならないことと、やりたいことを紙に書き出して、順番をつける作業をする。この時大切なのは、自分のやりたいことと、家族や周りの調和を図るべく、やらなければならないことの兼ね合いである。どちらも大切だと想ったら、自分の心に正直になって、やりたいことを優先しても、私はそれで、いいと思う。人生は一度きりしかないのだから…」byみかんでした!(*^_^*)

家族あっての、自己実現ですが、志を持ったら、心は常に家族に向けて、行動を起こすことが出来れば一番いいのですが、不器用な生き方しか出来ない私は、いつもその葛藤で苦しんでいます。人一倍自分の気持ちに、ばか正直な所があるので、こんな自分勝手なことを言うのかもしれませんね…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日の一言 6月3日

〔芋は芋〕「芋は芋、芋でいい。芋以上芋以下にはなれない。自分を在りのままに受け入れて、自分らしさを発揮し、自分の味で人様に喜んで頂けたら、それだけで私は満足だ。こんな私で良かったら…。」byみかん(*^_^*)ゞ

自分を飾ることを止めて、在りのままの私を受け入れて、自分自身の味付けで、紙芝居も生き方もさせて戴こうと決意致しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日の一言 6月2日

〔雑感〕
「私はすごく恵まれている。温かい家族や優しい友達や仲間に囲まれて、とても幸せだ。これ以上望むことは何もないのに、何故悩むのか?それは、出生率がまた下がり、日本の未来が危ぶまれているから!「何望むなく願うなく」という境地だが、私の様な平々凡々な人間が、この国の将来を憂い、本気になって、行動を起こすことで、私がこの世に生まれてきた意味が在るのかもしれないと、自負しているのが昨今の心境なのである。」byみかん(*^_^*)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日の一言 6月1日

〔懐古〕
「久しぶりに、レンタルショップでCDを借りて、音楽を聴いていたら、学生時代の思い出が、次から次と走馬灯の様に、頭の中をよぎっては、消えて行った。あの頃は、人生に対して、何の不安も抱かず、ただただ青春を謳歌していた。学園祭で友人達と人形劇をやったっけ。その時の感動が忘れられず、今の自分が在るのかもしれない。昔を懐古するのは、自分の生きて来た証を確認するのと同時に、現在の自分の生きる姿を鏡に映したり、未来の己が描いた設計図をもう一度確認する様な気持ちがする。ただただ懐かしいだけではなく学生時代の将来に対して、何の不安も抱かなかった私が、今も、これからも、ずっと生きていく道標を見つけて、その様な気持ちを、生涯抱き続けて生きていくことが出来たら、どんなに素晴らしいだろう!」byみかん(*^_^*)

もうすぐ、私が通っていた高校の体育祭があります。出来るなら少しだけ、覗いてみたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »